• ホーム
  • 離別の危機を救うバイアグラの使用

離別の危機を救うバイアグラの使用

ED(勃起障害)が原因で、女性側から離別を切り出される可能性もあります。
EDは深刻な病気で、本来ならばパートナーは同情すべき所なのですが、どうしても子供が欲しいという女性にとっては、一生を棒に振るよりも新たなパートナーを見つけた方が良いという選択肢に至ってしまうかもしれません。
そのようなパートナーであれば、結婚生活を続けていてもあまり幸福な生活にならない可能性も高いので、いっそのこと別れてしまうという選択肢もありますが、諦めきれないのであればバイアグラを使ってみると良いかもしれません。

バイアグラはED治療薬として初めて登場した薬で、男性にとって夢の薬とまで言われたものです。
1998年にアメリカで販売開始された当初は、個人輸入代行業者を通して買う人が後を絶たないという状態になりました。
しかし、この時には併用禁忌薬や使用上の注意などの説明を受けていないことで、重篤な副作用を発症してしまうケースも多かったです。
併用禁忌の硝酸剤(狭心症の治療などで使われるニトロ製剤など)と使い、心肺停止になる事例もありました。

その後は安全対策のために、1999年1月25日に日本でも製造販売承認をアメリカからしてもらい、今では日本国内でも販売が行われるようになりました。
今ではED治療を扱っている病院で処方されていますが、国内どこの医療機関に行っても自費診療になってしまいます。

それでも、離別の危機を回避出来る可能性があるならば、バイアグラにかけてみても良いでしょう。
バイアグラは血流を促進させて勃起をサポートする薬なので、精力剤や媚薬とは全く異なるものです。

バイアグラを使うと、緊張している状態でも勃起しやすくなります。
プレッシャーを感じている時にも有効です。