• ホーム
  • 薬の臨床試験プラセボについて

薬の臨床試験プラセボについて

満足をする男性

勃起力の改善に優れた効果を発揮するバイアグラですが、効果の検証は臨床試験によって行われています。
臨床試験は薬の効果を確認するために行われますが、プラセボを使った臨床試験も行われています。
人間には思い込みにより本来あるはずの無い効果を発揮してしまう場合がありますが、バイアグラで言えば持っていないはずの効果が出てしまうことになります。
バイアグラは勃起力しやすい状態を作り出しますが、興奮する作用や精力を高める作用は持っていないのが基本です。
誤った知識によりプラセボ効果が発揮されてしまうケースもありますので、臨床試験でもプラセボにより確認が行われているのです。
プラセボによる臨床試験は類似薬との比較によって行われていますが、プラセボは偽薬ですから偽薬と類似薬、試験対象の薬で比較が行われます。
プラセボ効果により偽薬でもある程度効果を発揮しますので、対象薬はプラセボを上回る効き目があって初めて薬として認められます。
臨床試験ではそれぞれの薬に関して飲む人も渡す医師にも伝えられずに行われますので、公正で的確な結果が出る傾向があります。
類似薬とはすでに効果が立証され商品化されている薬となりますので、比較対象にすることで対象薬の効果を立証することが可能です。
プラセボと言われても分からない人もいるはずですが、簡単に言えば偽薬でも効果があると言われて飲めば本来あるはずの無い効果を発揮してしまう特徴を持ちます。
病は気からといわれるように人の思い込みによる力が働いてしまう効果を言います。
プラセボによる効果では薬の意味はありませんので、プラセボと類似薬を使用して臨床試験を行い薬の効果や安全性、用法に関して確認してから商品化されているのです。