• ホーム
  • バイアグラと低用量ピルの認可スピードの差

バイアグラと低用量ピルの認可スピードの差

薬を持っている男性

バイアグラは驚くほどスピーディーに認可されましたが、わずか半年という異例の速さで販売された経緯があります。
一方で低用量ピルは長い年月を経てようやく認可されたため、両者には認可までのスピードに極端なさがあります。
バイアグラが異例の速さで認可された背景には、個人輸入で直接海外から購入する人が増えたことが原因としてあります。
正しい用法や用量を把握せずに服用することで、重大な副作用が発生した人が出てしまったことが引き金となり、健康被害が多数出るようになってしまったのです。
バイアグラの副作用には併用禁忌薬がありますが、海外から詳しい説明もなく購入した人は知らずに飲んでしまうため、早期に認可せざるを得ない状況になったと言えます。
バイアグラは医師の処方が無ければ購入できませんので、併用禁忌薬や健康状況により誰もが使える薬ではない性質があります。
これにより一定の安全性が確保されていますが、個人輸入により緊急な対策が必要になったことでスピーディーな認可に繋がったのです。
低用量ピルには使用できない人がいる薬ですが、このことがネックとなり認可が遅れていた経緯があります。
どちらにも正しく使わなければ危険性が高いという特徴がありますが、認可された年代にも差があると言えます。
インターネットの普及により誰でも自由に個人輸入ができるようになった事が認可を早めた原因とも言えますので、年代が違えば認可のスピードも違っていた可能性があります。
情報化社会ですから色々な情報を簡単に入手できるようになっていますが、正しい情報でなければ危険性が高まります。
バイアグラで言えば禁忌薬がありますので、医師の処方の基に正しく使うことが大切です。